So-net無料ブログ作成
検索選択

【雑記】目白台の坂 [PEN]

一度書いたのに、
なぜか全部消えてしまった…

iPad Proで書いたのだけど、
そのiPad Proも壊れてしまい、
設定し直し…
iPadが壊れるなんて初めて!

ショックで書き直す気がおきなかったけど、
そろそろ書こうかな…と思う


先日行った『鉄砲坂』
工事をしてて全容が撮れなかったので、
再度訪問

神田川沿いを歩き、
江戸川公園に向かう
首都高下の遊歩道を歩いていると、
車が来た!
遊歩道と思ってたけど、
途中から変わった???

とりあえず『鉄砲坂』へ向かうと、
左側に見たことある階段坂を発見!

16MAR2017 - 1.jpg
本で見た『七丁目坂』だった

“音羽一丁目22の南側を入り、
目白台の獨協中学・高等学校の方に上る大きく右回りに曲がる坂である。
旧音羽七丁目と八丁目の間から上る坂で、
七丁目坂と名づけられた。

『ぶんきょうの坂道』
文京区文京ふるさと歴史館発行、
平成25年3月28日改訂版発行(第11刷)より”

『七丁目坂』の一本北側にあるのが、
16MAR2017 - 2.jpg
『鉄砲坂』

“この坂は音羽の谷と目白台を結ぶ坂である。
坂下の東京音楽大学学生寮のあたりは、
江戸時代には崖を利用して鉄砲の射撃練習をした的場(角場・大筒角場ともいわれた)であった。
その近くの坂ということで「鉄砲坂」とよばれるようになった。

文京区教育委員会の標識(平成8年3月)より”

16MAR2017 - 3.jpg
自転車を降りて押さないといけないくらいの勾配

16MAR2017 - 4.jpg
この辺りからグッとキツくなってきます

16MAR2017 - 5.jpg
学生寮がある

16MAR2017 - 6.jpg
まだまだ続く急勾配

16MAR2017 - 7.jpg
ふぅ〜っ、やっと上りきった…

こんなにキツくて狭い坂なのに、
結構な人通りがあります

せっかくなので、
近くにある『薬罐坂』に行ってみることに

目白通りに出て、
2、3ブロック北側の道を右折すると、
『薬罐坂』に出るはず…と曲がってみる

ちょっとゆる〜い坂を下りているが、
これだろうか?と不安がよぎる
もうすぐ不忍通りに出るってところで、
標識が出てきた…あってた〜

16MAR2017 - 8.jpg
『薬罐坂』

“江戸時代、坂の東側は松平出羽守の広い下屋敷であったが、
維新後上地され国の所有となった。
現在の筑波大学付属盲学校一帯にあたる。
また、西側には広い矢場があった。
当時は大名屋敷と矢場に挟まれた淋しい所であったと思われる。
やかん坂のやかんとは、野カンとも射干とも書く。
犬や狐のことをいう。
野犬や狐の出るような淋しい坂道であったのであろう。
また、薬罐のような化物が転がり出た、
とのうわさから、薬罐坂と呼んだ。
夜寒坂のおこりは、この地が「夜さむの里道」と、
風雅な呼び方もされていたことによる。
この坂を挟んで、
東西に大町桂月(1869~1925、評論家、随筆家)と、
窪田空穂(1877~1967、歌人、国文学者)が住んでいた。

この道を行きつつみやる谷こえて
 蒼くけぶる護国寺の屋根(窪田空穂)

文京区教育委員会の標識(平成13年3月)より”

16MAR2017 - 9.jpg
ゆる〜い勾配
『鉄砲坂』の後だからそう感じるのだろうか???

16MAR2017 - 10.jpg
『清戸坂』(不忍通り)に出ました

“延宝4年(1676年)、御三家 尾張徳川家の御鷹場が、
中清戸(現清瀬市) につくられた。
将軍もしばしば出かけて鷹狩りを行った。
これが現在の目白通りである。
首都高速道路(5号線)護国寺出入口(護国寺側)から目白通りに向っての広い道は、
昔から‘清戸道に登る坂’ということで『清戸坂』といわれた。
江戸時代、この坂の北側一帯は、
雑司ヶ谷村の畑(現在の雑司ヶ谷墓地)で、
坂の道に沿って雑司ヶ谷清土村百姓町があった。
明治10年代から坂の北側には牧場と牧舎が建ち、
平田牧場と言った。
牛乳を売る小売店があり、人々が休憩した。
旗竿には、『官許の牛の乳』と假名と、
ローマ字で書かれていたという。

文京区教育委員会の標識(昭和62年3月)より”

16MAR2017 - 11.jpg
なんか前より広くなった気がするのは、
気のせいだろうか???

帰り道
この辺りでは一番有名ではないかと思う、
『富士見坂』に行った

不忍通りを上りきり、
目白通りを渡って、
趣のある酒屋さんを左折すると、
16MAR2017 - 12.jpg
『富士見坂』に入る

16MAR2017 - 13.jpg
思ってたより急勾配
左側は『日無坂』

“日無坂(東坂)目白台一丁目15と豊島区の間
目白通りと、護国寺方面から上がる清戸坂が接する地点から、
豊島区高田一丁目方面へ南に下る坂がある。
坂上の石柱に「富士見坂」とある。
明治百年記念に高田富士見会が建てたものである。
この富士見坂の坂上より見て左手、
南の方にまっすぐ、せまい石段坂が急傾斜で下っている。
これが日無坂で、この坂道が文京区と豊島区の区境になっている。
小布施坂の西側である。
「ひなし坂は当町(高田豊川町)の南西角。
即ち駒塚橋の通りより北の雑司ヶ谷に上る坂をいふ。
其の路甚だ狭隘(きょうあい)にして。
小車を通ずるを得ず。
僅かに一人づゝの歩を容(い)るゝのみ。
左右樹木等にて蔽(おお)ひ居れば。
日無坂の義にてかく呼ぶならむか」(『新撰東京名所図会』)。

『ぶんきょうの坂道』(文京区文京ふるさと歴史館発行、平成25年3月28日改訂版発行(第11刷)より”

16MAR2017 - 14.jpg
このおうちも崩れがひどくなってきた

16MAR2017 - 15.jpg
見上げてみると、
結構長い!

この辺りは本当に坂が多い!
まだまだ行けてないご近所の坂が沢山ある
徐々に制覇していきたい!



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る